ゆるっと。

マイペースなヲタクの独り言

【下書き供養大作戦①】第14回ハロプロ楽曲大賞’15の投票曲について語るやつ

人様の素敵なブログを読んでブログ書きたくなる

→久々にはてブロを開く

→下書きに埋まっている記事たちを見て悲しくなる←イマココ

 

というわけで、ブログ再開のためのリハビリとして、下書き供養大作戦始めます。

第一弾はハロプロ楽曲大賞’15の投票曲についてべらべら語るやつ。

 

楽曲部門

今すぐ飛び込む勇気』 

さあ、時の流れ さあ今すぐ飛び込む勇気
やりたいことばかり一日じゃおさまんないよ

 

今年のぶっちぎりNo.1でした。初めて聞いた時から心を掴んで離さない1曲です。歌詞も曲調もとにかくストライクゾーンど真ん中。

一人称が「僕たち」と複数形なのもあってか、今の若いモーニング娘。に重なる歌詞がたくさんあるようにも感じて、勝手に感情移入して聞くたびに泣いています(笑)

未来への希望を歌っているんだけれど、明るさや強さだけでなく、葛藤だったりもどかしさだったり、切なくて苦しい部分も感じさせる。でも全く重苦しくない。

 

どこか刹那的な印象すら受けるのは、楽曲、特に歌詞の肝の一つが「若さ」だからかなあ。

まーちぇる(佐藤優樹ちゃんと野中美希ちゃん)のWセンターを、鞘師小田譜久村を中心としたボーカルが一歩引いて支えるという初めての形も、曲のイメージと合っていて好きでした。
 
個人的にめちゃくちゃ好きなのは、「満たされない思い抱きしめて 欲張りも全部叶えたい」の部分。前半は譜久村生田のぽんぽんコンビのユニゾンですが、二人の歌声の相性の良さに驚かされましたし、何よりやっぱり二人が並んで歌う姿は、ビジュアル的にも、二人の立場や関係性を重ねて考えても、良さしかない。
そして、後半の譜久村さんのソロパート。ぐっとこぶしを握るふくちゃんの姿と真っ直ぐな歌声には、力強さというよりは切実な思いがじんわり滲みます。Topyell1月号の9期対談で「叶えたい夢はこの13人で掴みたかった」という譜久村さんの言葉を読んだとき、このパートを歌う姿が真っ先に頭に浮かんで、胸がぎゅっと詰まりました…(涙)
 
 

『生まれたてのBaby Love』

誰もが所詮無理だろうって笑ってるけど

歩みを止めなきゃ夢に近づける

 

アルバム「First Squeeze!」をiPodに入れてボーッと流してた時、イントロを聞いた瞬間に慌ててタイトルを確認したのがこの曲。感覚としては完全に一目惚れでした(笑)

この曲は聞いてると何だかドキドキするんです。楽曲に恋してると言ったら変ですかね。笑 どこかレトロ感のある曲調がとにかくクセになる。

全員がフェイクを担当しているのも聴きどころですね。今や「全員が歌唱メン」となったJuice=Juiceの実力がさらりと披露されております。

 

『念には念』

あなたは準備態勢万端?

 

こぶしの初めてのオリジナル曲、完全にインパクト勝ちです。とにかくテンションが上がる。

目覚ましがならないとか、チャージが切れてるとか、テストのヤマが外れるとか、考えてみたら「きっと人生はドラマのように 何が起こるのか分からない」なんて言うほど大袈裟なことでもないんですけどね(笑)あんだけドス効かせてかっこよく歌われちゃ、さすがに毎日天気予報確認して折り畳みアンブレラ持つようになりますよね←

結成時は「浜ちゃんズ」なんて言われていたほど、圧倒的な存在だった浜ちゃん(浜浦彩乃ちゃん)をセンターからもメインボーカルからも外し、(広瀬)彩海ちゃんとれいれい(井上玲音ちゃん)を中心に据えた英断も高評価。ハロヲタ内ではほぼ無名に近かった二人の存在を一気に知らしめるきっかけになったのではないかなと思います。

 

 

『&YOU』

睫毛を伏せて心に鍵を掛けるの あなたのノックに応えられない

 

ミュージカル「恋するハローキティ」の楽曲で、植村あかりちゃん演じるアリサのソロ曲でした。舞台を見た時、この曲のためにサントラを買おうと決めました。最近の演劇女子部の舞台は、完全版サントラがDVDに付いてくるので、つまり恋ハロのDVDを買うことが決まった瞬間でもありましたが(笑)とにかくそれくらい心を奪われた1曲でした。

あかりちゃんの歌声は『初めてを経験中』の時に初めてしっかり聞いて、その時から好みの歌声だなあと思ってはいたのですが、声量と安定感がこの舞台でぐっと増して、さらに魅力的になっていて本当に驚きました。

 

 

『WILDSTRAWBERRY』

枯れやしないから 花はこれから

 

今年すっかり惚れ込んだ吉川友さんのアルバムからも1曲入れたくてこれにしました。きっか自身を歌った曲なんですが、曲の最後の歌詞「枯れやしないから 花はこれから」がもう最高です。ソロデビューして数年、23歳のソロアイドルが「花はこれから」って歌ってくれるんです。最高以外の何物でもない。

 

 

 

次点

・イマココカラ

・未来へ、さあ走り出せ!

・こんな愛しちゃ

スクランブル

・恋心

 

 

MV部門

各曲好きなところだけ箇条書きで残ってたのでもう敢えてこのまま放出。

 

『乙女の逆襲』

・コンセプト良

・衣装とのマッチング

・あやちょの口元

 

『ドスコイ!ケンキョにダイタン』

・制服!制服!

 

『The Middle Management ~女性中間管理職~ (Dance Shot Ver.)』

千聖がかっこいい

・ピンヒールでばきばき踊る凄さ

・愛理ちゃんの動ききもい(褒めてる)