ゆるっと。

マイペースなヲタクの独り言

【下書き供養大作戦③】℃-ute楽曲大賞に投票した話

下書き供養大作戦をしてる間に下書きが溜まるっていう悲しい悪循環が発生してしまっていますが気にしない。

第三弾は℃-ute楽曲大賞に投票した話。まだ記憶が新しいので、適宜手を加えたりしてみた。

 

===

℃-ute楽曲大賞なるものがあるというので、こういう企画も最後だしな…って思って、投票した。だいたいこういうの投票するときは、ソートで上位10曲くらい選んで、その中から選ぶ、みたいなやり方してるので、今回も同じやり方で。ポイントの配分メモするの忘れたのと確認するのがめんどくさいので書いてませんが、たしかデフォルトの傾斜で入れたと思います。

 

◆楽曲部門

1位 人生はSTEP!

毎回、イントロで怪しげに動き出す5人のシルエットでまず鳥肌が立って、”最高”が約束されるのを感じる。やじちゃんの「思い描いた夢」はお腹の底にずしんと重みが響くし、なっきぃの「ワンテュー♪」は守りたい歌声No.1だし、愛理ちゃんの「誰もがそう願ってる」は心にストレートに刺さる。岡ちゃんの「熱く生きていこう」を聞いて生きることに燃え上がらないヲタクはいないし、萩ちゃんのかわいい歌声はやっぱり最高のアクセント。

というわけで文句無しの1位です。人生はSTEP!こそ、キャリアを重ねて成熟した℃-uteだからこその1曲だなと思ってます。別に特別明るいわけでも、盛り上がるわけでもないし、かといってお涙頂戴系でもない。だけど、リズムが心地いいし、歌はとても沁みる。強いメッセージソングって感じは全然しないのに、グッとくる。かわいいけどかっこいい。かっこいいけどかわいい。曲も歌詞もダンスもMVも、もれなく全部大好きです。

余談ですが、モーニング娘。'17の譜久村さんと石田さんがあゆみずきバスツアーでこの曲を披露してくれました。その時の話を思えば、この曲の難易度がどのくらいなのか、よくわかる。決してダンスが苦手なわけじゃない、むしろパフォーマンススキルは総合的に高い二人なのに、それでも難しくて大変だったって口を揃えたのがこの曲でした。(もちろん、下手なものをお客さんに見せる二人ではないので、ライブではしっかりしたクオリティでしたけど。)

℃-uteはさらっとやってのけちゃうから、一見全然難しいことやってるように見えないんだよね...。ほらほらすごいでしょこれ見て!ってくらいドヤドヤしててもいいのに。ま、そんなところも℃-uteらしくて好きなんですけどね!とにもかくにも、後輩の言葉を通して、この曲が℃-uteのスキルを絶妙に引き出し、引き立てる楽曲だったんだなって、改めて実感したりもしました。あゆみずきが歌ってくれたことを書きたかっただけとか、まさかそういうのじゃないです。

 

 

2位 3番ホーム 3両目

アイドルにしか歌えないような可愛い曲が大好きなんです。通学電車での恋って、ほんと外れない可愛さ。現実にはあり得ないでしょって思うようなシチュエーションだけど、だからこそアイドルにぴったりのテーマだなっていう気がしています。

矢島さんって声は決してかわいいわけじゃないんですよね。可愛い声って言ったら℃-uteだったら、やっぱり萩ちゃんとかなっきぃの方が、可愛い声って感じ。でも、主人公の女の子の恋する気持ちに寄り添って、精いっぱい可愛く歌う矢島さんの歌声を聞いてると、何だかショートムービーを見てるみたいに頭の中に電車の中の景色が広がって、それが本当に心地よくて、大好きです。

 

 

3位 The Curtain Rises

最初は全然ピンとこなかったんだけど、ライブで見て評価爆上げした1曲。ラストシングルにこの曲があったことで、めちゃくちゃ救われました。つんく♂さん、本当にありがとう。

かっこいい曲や「魅せる」曲は℃-uteにはたくさんある。だけど、The Curtain Risesにはほんとに衝撃を受けた。夢幻クライマックスみたいにめちゃくちゃかっこよく「魅せて」くるのに、Midnight Temptationみたいにめちゃくちゃ盛り上がる。めっちゃ盛り上がるのに、ただの盛り上げ曲じゃない、楽曲としての圧倒的なかっこよさ。春ツアーで初めてパフォーマンスを見た時の、そこ両立するんだ…っていう新鮮な驚きと、ついにこの境地に来た…!っていう興奮、それから体感温度が明らかに上がった感覚は、今でも鮮明に覚えています。

そして何より、矢島鈴木がフロントにいて要所をなきまいが締めて、なんだかんだで岡ちゃんがおいしいところ持っていく構図が、大好物なのです。これぞ℃-ute!!!!!っていう感じがして、たまらない。

 

 

4位 愛はまるで静電気

字面だけ追えば恋愛の曲っぽいけど、言葉に込められたのは℃-uteからファンへの思い。児玉雨子さん相変わらず最高ありがとう。

出会いを振り返って、今までに感謝して、それから前に踏み出すための別れ、好きだけどさよなら、でも絶対忘れないでね、みたいな感じ。ちょっと愛が重めでそこがなんとも℃-uteちゃんらしいなあとも思う。笑

歌詞も曲もとってもかわいいんだけど、どうしようもなく切なさと寂しさを感じざるを得ない曲でした。特にやじちゃんの「あんな小さかった私を見つけ出してくれてありがとう」、私がやじちゃんを見つけた時にはもうやじちゃんはとっても大きかった(166cmくらい)けど、それでもこの歌詞は涙腺にきて仕方がなかった。聴くたびに性懲りもなく泣いてました。

それでもやっぱり、久々に℃-uteにかわいい曲キタァ!!!!!!!っていう喜びと、アップテンポで明るいのに切なさを感じさせる楽曲大好きっていう単なる偏った嗜好の賜物の4位です。

 

 

5位 キャンパスライフ~生まれて来てよかった~

 ……キャンパスライフが上位に入ってこないヲタクとかいるの?

 

以上です。

 

 

◆アルバム部門

1位 ℃maj9

2位 ⑧ Queen of J-POP

3位 超WONDERFUL!⑥

 

アルバムは純粋に馴染みがある順にしました。そもそもクイーンノブの頃にヲタクになったのでそれ以前のアルバムは実はリアルタイムで経験してなかったりする…。

でもそういうのを抜きにしても、℃maj9はいいアルバムだったなと思ってます。特に各メンバーのメイン曲はそれぞれの良さが光る良曲揃いで、アルバム引っ提げて回ったコンツェルトツアーは大好きでした…。ちなみに、矢島ヲタだけど、一番好きなのは『デジタリック→0』。「1000の絵文字よりシャンプーの香り」のワンフレーズだけで推せる1曲。ライブパフォーマンスもすごく好きです。

 

 

推しメン部門

矢島舞美

 

アイドルとして、人として、今までも、そしてこれからもきっとずっと、大好きです。