ゆるっと。

マイペースなヲタクの独り言

こぶしファクトリー2ndアルバム『辛夷第二幕』がめちゃめちゃいい

 

2019年10月2日から、私の中の千原ジュニアがとにかくうるさい。

 

こぶしファクトリーの2ndアルバム、あれ聴いた?めちゃめちゃいいで。」

 

これは流石に発散してやらねばと思い、ブログを開いた。

とは言え、我らがリーダー広瀬彩海ちゃんがアルバム全曲についての詳しいブログ*1を既に書いてくれている。一介のオタクごときがこれ以上何を語ることがあろうか……と思いつつ、私の中のうるさい千原ジュニアを鎮めるために書くしかない。

というわけで書きます。こぶしファクトリー2ndアルバム『辛夷第二幕』、どうぞよろしく。

 

※一応最初に断っておきますが、私は元々℃-uteオタクで、こぶしをしっかり追いはじめたのは「明日テンキになあれ」くらいからです。


◆まずタイトルがいい

こぶしファクトリーの1stアルバム(これも名盤)のタイトルは『辛夷其ノ壱』でした。2ndアルバムもそのまま「其ノ弐」とくるのではなく、『辛夷第二幕』ですよ。これめちゃくちゃ良くないですか?

オタクなら皆さん知っての通り、こぶしファクトリーは1stアルバム発売からこれまでの間に、グループとして大きく変化しました。見る人によってはいわゆる”落ち目”にも見えたであろう時期を5人で乗り越えて、全員が歌声を磨き上げ、新たなテイストの楽曲も増やし、さらにアカペラという武器も手にして、2ndアルバムの発売にたどり着いた。コミカルでキャッチーな楽曲を強いコブシを効かせて歌う、結成当初の特長も残しつつ、さらに進化した今のこぶしファクトリーは、まさに新しい幕を開けて「第二幕」を生きているのだと、改めて示してくれる良きタイトルだなと思います。

 

◆曲順がいい

これは個人的な好みかもしれないですが、シングル曲とアルバム曲が順番ごちゃまぜで収録されてるの、めっちゃ推せるポイントです。

シングル曲も収録されるアルバムの場合、シングル曲とアルバム曲が順番シャッフルされてないことも結構ある。℃-uteの『℃Maj9』とかそうでした。もちろんそれはそれで何か意図があるのだろうとは思うけど、やっぱり順番が組み替えてあった方が、曲順に込められた思いも妄想できたりして、楽しみ方の幅が広がる。

あと私はどうしても「ここからシングル曲ゾーンだな、最初に戻そ」とかってなりがちなので、ごちゃごちゃに収録されていることでそういうことが起きにくく、全曲飛ばすことなく聴けてます。結果としてシングル曲もじっくり聞き直すことになり改めて良さに気づく、なんてこともあり、いい事尽くし。

 

◆楽曲が全部いい

1ミリも盛ってないけど、マジで全曲いい。そんなことあるか?って感じだけど、日によって最高が変わっちゃうくらい、全部いい。「メンバーフィーチャー曲は最高」と先祖代々相場が決まっているのでもちろん最高だし、シングル曲もライブ新曲も全部最高。

 

1.これからだ!

綺羅星、いま輝け!」でアルバムが始まるの、もう泣ける。この曲をアルバム1曲目に持ってきた人たちの思いも考えてまた泣ける。最後の「これからだ!今からだ!楽しみだ!」「これからだ!今からだ!魅せたいな!」で、メンバーと一緒に歌うライブの感覚が蘇って泣ける。こんなにポジティブな涙が溢れるのはこぶしファクトリーの楽曲の強みだな。

 

2.Come with me

広瀬彩海ちゃんメイン曲。音の動きもリズムも変態的なこの曲を完璧に歌いこなす歌唱スキル鬼か?と思うけど、彩海ちゃんオタクによると、本人はリズム感が特別良いわけではないらしい。てことは相当頑張ってマスターしたんだろうけど、そんな様子を微塵も見せずにパフォーマンスするのは流石。

「これからのこぶしを見逃すなよ」というメッセージにも感じられるし、「メンバーそれぞれの、女の子としての一瞬一瞬の輝きを見逃すんじゃないぞオタクども」という圧も感じられる。これからも目かっぴらいて見てなきゃな。

 

3.明日テンキになあれ

当時、まだこぶし組というよりは外野のオタクだった私には、こぶしの周りになんとなく暗い雲が立ち込めてるように見えてしまっていた。けれど、その雲をこの曲が全部吹き飛ばしてくれた。こぶしファクトリーの歌心を初めて感じた楽曲。まさに転機の曲でした。Come with meでバチバチに決めてからのひたむきで真っ直ぐな明日テンの流れ、めちゃくちゃズルい。

 

4.ハルウララ

現時点でこぶしファクトリー史上最も繊細な楽曲と言って多分間違いない。それまでのこぶしの楽曲とのギャップにやられてた人も結構多かったな。この1曲でこぶしファクトリーの表現の幅が大きく広がった印象。玲音ちゃんの落ち着いた歌声から始まり、ハモリが入って厚みを増して……という流れが心地よい。落ちサビの野村さんソロ、弦を1本1本はじくように繊細な歌声で、そのままオタクの琴線震わせてくる。野村ソロパート大賞したら確実に3位以内に入る。

 

5.好きかもしれない

井上玲音ちゃんメイン曲。いやあの、歌、上手すぎでは?歌めちゃくちゃうまいしボイパもできるし、一番ふざけて明るいし、かわいいし顔小さいし首長いし、井上玲音ちゃんは本当にこぶしファクトリーの宝ですよ。いやメンバーみんな宝なんだけどさ。

こぶしファクトリー、大人の階段上っちゃいました。」みたいな楽曲で、これを最年少に与えるか!と思ったけど、まーーーー楽曲と玲音ちゃんの歌声が合う合う。餃子とビールくらいの相性の良さ。玲音ちゃん以外の歌割りも、「ここその子だよねわかるーーー!」というパートばかりで、天才かと思った。

歌詞を見ると「部活バカ*2だったこぶしになんちゅう曲を……(ありがとう雨子大好き)」と思うのに、聴いてたらめちゃくちゃ高まる。メロディーの力ってすごい。オタクって単純。落ちサビだけ井上玲音ちゃんのオタクになりたい。

 

6.消せやしないキモチ

こぶし、可愛い曲歌えるじゃん!!という曲。いやそりゃみんなあんなに可愛いんだから当然なんだけど。引き出してくれてありがとう星部ショウ。こぶしファクトリー、アイドルやってんな!(褒めてます)

 

7.きっと私は

待望だったつんく♂曲。私はつんく♂曲は絶対1回「なんだこれ笑」ってなったあとドハマリするタイプなんだけど、この曲も完全にそれだった。これぞつんく♂。ありがとう、いいスルメです。

「でっかい空に向かって でっかい声で叫ぶ きっと私は出来る きっと私は光る」

これはきっと今でもこぶしメンバーを支えるフレーズだろうなと思う。メンバーと一緒に拳を空に突き上げてるとき、幸せなオタクやってるなーと感じる瞬間。

 

8.開き直っちゃえ!

野村みな美ちゃんメイン曲。ついに来た、卓偉曲!!!!!随所に卓偉イズムを感じさせる、ノリの良いメロディーとちょっぴりウルッとくる歌詞。もうね、大好き。サビのワキワキダンスが楽しすぎるし、大団円感もあって、ライブ映えナンバーワンじゃなかろうか。ありがとう卓偉。ありがとう振り付けの先生。

落ちサビののむちゃんソロは、野村ソロパート大賞の大賞候補です。流山のリリースイベント、日が暮れた野外ステージで、伸び伸びと歌う野村さん見て泣きました。落ちサビは音楽が無くなってオタクのクラップだけになるんだけど、そこに響くのむちゃんの歌声がね……もう本当にグッとくる。いつからあんなソウルフルシンガーになったんだろうね……どんどん成長していてほんとにすごいよ。

 

9.ナセバナル

こういう曲を歌わせたらこぶしが一番だと、個人的には思う。開き直っちゃえ!からのナセバナル、メンタルがゆるゆるなオタクにはかなり効く。ちょっとここ踏ん張らないとな、って時に繰り返し聞きたいな。

 

10.Yes! We are family~こぶしver.~

最初は「何ぞ!?」と思ったけど、聴き込むと「めっちゃいい曲やーん」となってきた。さすが星部ショウ。「胸にこぶし魂 Yes!We are family」ってなんかすごく良くない?(語彙力)

 

11.Oh No 懊悩

初期こぶしの「コミカルキャッチー、こぶしガッツリ」が、今のメンバーの年齢とスキルに合わせてアップデートされた楽曲、と私は思っている。歌詞の言葉遊びが楽しいよねほんと。ありがとう雨子大好き(二度目)。

 

12.アンラッキーの事情

和田桜子ちゃんメイン曲。切なさ漂うイントロからのさこちゃんソロの歌い出し、もう沼です。さこちゃんの鼻にかかった歌声と疾走感のあるメロディーに切ない歌詞、めちゃくちゃ合う。相性の良さ、ウイスキーと生チョコレベル。落ちサビも良すぎて、あんまり聴いてたらさこちゃんのこと好きになりそう。

アンラッキーって自乗したらラッキーにならないかな?(?)というのはずっと思ってるけど、細かいこと気にならないくらい高まる。オタクは単純。


※10/9 22:10追記

読んでくださった方から、アンラッキーの歌詞について井筒さんのライナーノーツに記載があると情報頂きましたので追記します。敢えてマイナスの自乗でプラスになるようにしてあるそうです。なるほど納得。

https://ameblo.jp/himi-i/entry-12531749975.html

 

13.亀になれ!

ライブでめちゃくちゃ盛り上がる曲だけど、音源で聴いてると歌詞もめっちゃいいやん……と気付いた。ありがとう星部ショウ。

「おとぎ話なんてさ まるで信じないけど なんで自分は絶対ハッピーになれるって信じてるんだろう?」でいつも泣きそうになる。このワンフレーズがあるから、亀になれ!っていうメッセージがぐっと心に響く。

 

14.シャララ!やれるはずさ(2019ver.)

唯一、8人時代の楽曲を5人で再録することになった曲。正直自分は5人verの方がたくさん聴いてるから何の違和感もなく聴けたんだけど、8人時代から聞き続けてるオタクは複雑な気持ちなのかも。℃-uteの神聖なるver.とかもこんな感じだったんだろうか(どうでもいい)。

でも5人になっても楽曲の持つ熱さは変わりなく、むしろみんなの成長でより熱量を増したかもしれない。サビのソロパート、のむちゃんソロは言わずと知れた野村ソロパート大賞のディフェンディング・チャンピオンだけど(そうなんや)、浜ちゃん・玲音ちゃんも含めて三者三様に熱く熱く歌い上げていて、オタクはあのパートの歌声を聞くたびに心が震えて生を実感する。

 

15.ドカンとBREAK!

ライブでぶち上げてやるぞという作り手の強い意思が感じられる。そしてオタクは単純なのでめちゃくちゃぶち上がるし、家で聞いてしまうと即ライブに行きたくなって困る。個人的には℃-uteのアイアンハートみたいだなあと思う。これからライブでもっと歌いこんで、メンバーもオタクも自由に楽しめる良い楽曲に仕上がっていきそう。

 

16.明日の私は今日より綺麗

浜浦彩乃ちゃんメイン曲。浜ちゃんの歌声はどんな時でもピーンと芯があってまっすぐ。しなやかな生き方と、その根底に流れる信念の強さを感じさせるこの曲のメインは、どう考えても浜ちゃんしかいない。

今日がこの先の未来より一番若いし、明日の私は今日より綺麗。アイドルみんなそういうマインドで今も未来も幸せでいてほしいな。

 

17.Yes! We are family~FC町田ゼルビアver.~

どういう経緯か分からないけど、タイアップあざーーーっす!!!

 

◆アカペラ集も最高だよ

初回限定B版に入ってる6曲のアカペラも必聴。「アカペラとかYouTubeで見たし」と油断してたらクオリティの違いに腰抜かすよ。「Loveマシーンのアカペラって何だよ笑」ってバカにして聞かなかったら後悔するよ。

まず玲音ちゃんのクソイケボイパ最高だし、浜ちゃんの一切ブレのないメインボーカルかっこよくて惚れるし、彩海ちゃんの高音がクセになるし、さこちゃんの優しいハモリとゴリゴリラップのギャップたまらんし、野村さんもはや職人でひたすら縁の下の力持ちだし、とにかく最高。

5人の歌声の美しさと、ハロプロ楽曲のビート感の素晴らしさに改めて気付かされる、至高のアカペラ集です。

 

◆というわけでみんな聴いてね

こぶしファクトリー2ndアルバム『辛夷第二幕』、どうぞよろしく!!!


めちゃめちゃいいで。(cv.千原ジュニア

 

辛夷第二幕 (初回生産限定盤A) (DVD付) (特典なし)

辛夷第二幕 (初回生産限定盤A) (DVD付) (特典なし)

 

 

辛夷第二幕 (初回生産限定盤B) (特典なし)

辛夷第二幕 (初回生産限定盤B) (特典なし)

 

 

辛夷第二幕 (通常盤) (特典なし)

辛夷第二幕 (通常盤) (特典なし)

 

 

*1:https://ameblo.jp/kobushi-factory/entry-12531993470.html?frm=theme

*2:こぶしファクトリーはこれまで、相撲、野球、応援団、弓道を持ち歌で経験